臨床検査振興協議会

すい臓・胆のうの検査

お問い合わせ

すい臓・胆のうの検査

すい臓・胆のうの場所と働き

すい臓

体の正面から見ると胃の裏側にあります。横に長く15cmぐらいでやや平べったい形をしています。
働きは、たんぱく質やデンプン、脂肪を分解するすい液の他に、血糖値を調節するインスリンというホルモンを分泌しています。

胆のう

肝臓の下に張り付くようにしてあります。小さなナス形の臓器です。働きは、肝臓で作られた胆汁という脂肪の消化を助ける消化液を蓄え、必要なときに十二指腸に分泌します。

すい臓の病気を疑う時の検査

疑う病気
主な検査
症状
原因
すい炎
アミラーゼの上昇
リパーゼの上昇
上腹部の強い痛み
吐き気、嘔吐など
アルコールの大量摂取
胆石など
すい臓がん
腫傷マーカーの上昇※
初期は無症状
糖尿病
血糖値、HbA1cの上昇
パンフレット⑧糖尿病の検査編を参照

※すい臓がんを調べる腫瘍マーカーにはCA19-9、SPan-1、DUPAN-2などがあります。
ただし、これらは、他の消化器がんや良性疾患でも上昇します。

胆のうの病気を疑う時の検査

疑う病気
主な検査
症状
原因
胆石症
血中ビリルビンの上昇、超音波検査※、内視鏡検査
上腹部、背部の痛みなど
主に生活習慣
胆のう炎 
血中ビリルビンの上昇、超音波検査※、内視鏡検査
右上腹部の痛み、発熱など
胆管に胆石が蓄積

※すい臓・胆のうの検査には、血液・尿検査の他に超音波検査、CTなどの画像検査があります。

胆石症を疑った場合、上腹部の超音波検査を行い、胆石の大きさ、数、更に胆のうの状態を調べます。

超音波検査に絶食が必要なのはなぜ?

上腹部の超音波検査は絶食を必要とします。なぜなら、食事をすると胆のうは胆汁を分泌するため収縮し、収縮した胆のうでは、胆のう内の結石や腫瘍が見つかりにくくなるからです。また、食後には、胃を始めとする消化器官にガスが発生し、胃の裏側にあるすい臓などが、観察しにくくなります。

絶食を守り、最適な状態で検査を受けましょう!!

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。